薄毛対策としての洗髪方法

薄毛の悩み 

多くの男性は30代を過ぎるとメタボ体型や体力の衰えを感じる様になりますが、中でも抜け毛を始めとした薄毛に対しては悩んでしまいます。 

加齢と共に頭髪が寂しくなるのは仕方ないと割り切ってしまえればいいのですが、やはり何か薄毛対策をして元気で張りのある毛髪の維持を目指したくもなりますよね。 

薄毛対策 

薄毛対策と言うと育毛シャンプーや育毛トニックが手軽ですぐに始められるのですが、実際にそれだけで効果を実感出来るのは少数派です。 

シャンプー 

シャンプーやトニックなどは、確かに薬効成分も配合されていて効き目を感じられそうなのですが、多くの方は洗髪方法までを考えていません。 

しかし薄毛対策の基本は洗髪方法だと言う事をまず理解して、間違った洗い方をしていた方は頭皮に優しく健康的になる様にしましょう。 

薄毛対策の洗髪方法 

薄毛対策としての洗髪方法は、まずはお湯で髪の毛を濡らすのではなく、しっかりとお湯洗いをします。 

少しぬるめのお湯で洗い流す事によりシャンプーが髪によく馴染み、頭皮の毛穴もしっかりと開いてくれます。 

頭皮をいたわる 

肝心のシャンプーは直接頭皮に付ける事は厳禁で、手のひらにとってよく泡立てます。 

直接付けると濃縮された成分の刺激を直接受けてしまい頭皮の健康環境を悪化させるのです。 

ゴシゴシは厳禁 

ここで肝心の洗い方なのですが、ゴシゴシと洗う事は絶対やめて下さい。 

ゴシゴシと力を入れて洗うと、いかにも汚れを取っているように思いますが、実は力任せに洗う事によって肌にダメージを与えてしまい抜け毛やフケの原因となっているのです。 

理想はまず優しく頭髪を洗うような感じで数分間洗った後十分にすすぎます。 

頭皮のマッサージ 

その後もう一度シャンプーを手のひらにとり、今度は頭皮を優しくマッサージする様に洗うのです。 

最初のシャンプーで頭髪を綺麗にして、2回目のシャンプーで頭皮や毛穴を綺麗にしながらマッサージで血流をよくしますが、肝心なのは優しさで、決して力を入れ過ぎないのがポイントになります。 

そしてシャンプーの残りが無くなる様に、数分間はすすぎに時間をかける事が本当に肝心な事で、せっかくマッサージで血流がよくなっても毛穴にシャンプーが詰まっていては健康な毛髪は生えてきません。 

 

こういったシャンプーの基本が出来てこそ、育毛シャンプーやトニックなども効果を期待出来る様になるので、面倒くさがらずに丁寧に洗髪するのが対策の基本です。

関連記事

関連記事がありません。